夜魔 ―奇―

[著者:甲田学人/イラスト:三日月かけるアスキー・メディアワークス 電撃文庫]★★

夜魔―奇 (電撃文庫)

夜魔―奇 (電撃文庫)

 ハードカバー版は既読。『missing』シリ
ーズも含めて読了してから大分経ってるんだけど、
このシリーズ特有の雰囲気や詠子と神野の特異性な
んかは全然色褪せる事無く記憶に残ってたなぁ……
とか久々に物語に触れてみて思った。それだけ読ん
でいた当時のインパクトが強かったのかもね。
 書き下ろし分の『桜下奇譚』は、珍しく救い(と
いうか希望というか)が残された終わり方で、これ
は成る程“幻想性”の強いエピソードとして良いも
のだったなと。対となる“怪談性の強い”方にどん
な差異が盛り込まれているのか、楽しみな所。

既刊感想:夜魔