天穹のカムイ

[著者:ハセガワケイスケ/イラスト:七草アスキー・メディアワークス 電撃文庫]★

 読了直後に「そりゃないよ」。で、ちょっと間を
置いて冷静になって思い返してみて「やっぱりあり
……かも?」という感じに気持ちが落ち着いた。
 カンナがずっと言い続けていた“願い”と、それ
を叶えたいと想うタケルの“願い”――この二つの
“願い”のみに絞って眺めてみると、真に伝えたい
物語のテーマみたいなものを強く奥深く感じられた
……気もする。ただ、その“願い”を際立たせる為
のあれやこれやの仕掛け(幼馴染みの事とか姐さん
一味の事とか敵対軍のカミサマと天使型神威の事と
か)が半端に終わってしまっていて惜しいなぁ。