ストレンジボイス

[著者:江波光則/イラスト:李玖/小学館 ガガガ文庫]★★

ストレンジボイス (ガガガ文庫)

ストレンジボイス (ガガガ文庫)

 遼介がぐちゃぐちゃにするまでもなく、既に色々
ぐちゃぐちゃに歪み切っていたという、とあるクラ
スの物語。表向きの行為からは最も理解不能に見え
ていた日々希が実は単純明快だったのに対し、表向
きは実に分かり易いポジションに居た筈の水葉が実
は最も理解し難い存在だった、と。遼介はその中間
のような位置付けで、言い換えれば何にも踏み切れ
ない中途半端さが目立つキャラだったのかなぁ。
 これはさ、どうやったって常識の目を持った人間
には理解の及ばない領域だよなー。今でも、多分水
葉の本質だけは掴めていないんじゃないかと思う。