シャドウ・ホームステイ

[著者:水口敬文/イラスト:熊虎たつみ/一迅社 一迅社文庫]★

シャドウ・ホームステイ (一迅社文庫 み 2-2)

シャドウ・ホームステイ (一迅社文庫 み 2-2)

 別に同じ部屋に居ても一緒の布団で寝てもいいん
じゃないか、とか思ったけどね。佳夜は精神的には
子供のようなもんなんだし。でもまあ、もし結人と
同世代ぐらいの頃に読んでいたら、佳夜と寝所を共
にする危うさにも同調出来たかのかな? 佳夜が得
体の知れない存在だという事を抜きにしても、外見
上は結人とほぼ同年齢っぽいからねぇ(思春期少年
が色々悶々としてしまうのも仕方がないか)。
 佳夜の心の成長過程描写は良いね。ちょっとした
変化にニヤニヤさせられてしまう。次があれば、文
乃と絡めてもっと三角関係を進めて行って欲しい。