神様のメモ帳3

[著者:杉井光/イラスト:岸田メルアスキー・メディアワークス 電撃文庫]★★★

神様のメモ帳〈3〉 (電撃文庫)

神様のメモ帳〈3〉 (電撃文庫)

 推理と謎解きを経て真相に至るまでの展開に強く
惹き込まれたのと、凄く好みな結末だったのと、あ
とは何よりも彩夏がナルミやニート仲間どものもと
へ帰って来てくれた事。今回はほぼ全部良かったと
思える内容で、その中でも特に↑で挙げた辺りが印
象的だったかなぁ。テツが語るのずっと拒否してた
園芸部に纏わる事件の真相とかはね、知った時には
色々複雑な気持ちだったんだけど、結果的には“あ
の人”の立場を護れたのでホッとしたよ。今回はこ
れに紆余曲折を経てのナルミと彩夏との関係再開も
含めて、ホントに自分好みな結末で良かったなぁ。

既刊感想: