夜魔 ―怪―

[著者:甲田学人アスキー・メディアワークス メディアワークス文庫]★★

夜魔―怪 (メディアワークス文庫)

夜魔―怪 (メディアワークス文庫)

 精神的にも感覚的にも“痛い”し、後味の悪さが
まとわり付くように残る容赦なく悲惨かつ救いのな
い結末ばかりだし……だがそこがいい。それがこの
物語の醍醐味なんだ! という具合かねぇ。ハード
カバー版に収録されてたのは、電撃文庫版『奇』に
比べて内容詳細も結構覚えてた。道路白線のとぬい
ぐるみのは、当事読んで余程印象深かったらしい。
 書き下ろしの桜は『奇』との繋がり有り。あっち
のエピソードを読んだ限りでは僅かばかりの救いが
残る結末だと思ってたのに……結局“新芽が息吹く”
というのが唯一残された救いだったのだろうか。

既刊感想:夜魔
     夜魔 ―奇―