はぐれ勇者の鬼畜美学

[著者:上栖綴人/イラスト:卵の黄身/ホビージャパン HJ文庫]★★

はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ) (HJ文庫)

はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ) (HJ文庫)

 暁月が女好きで鬼畜って言われてるとこは、アレ
でソレな幾つかの行為で納得な部分もあるんだけど
(葛葉に対してのアレとかその後のソレとかは鬼畜
っつーか最早変態行為の領域)、そういう行為の裏
に“自分が気に入った相手への気遣い”が込められ
ているから憎めない。と言うか、手段を選ばない時
に極端にエロ化するだけで基本いいヤツだよな。
 暁月の鬼畜行為やエロさよりも、明確には語られ
ていない“目的”とか“目指すべき場所”みたいな
もんが強調されていた感じ。まだ色々動き始めたば
かりなので、鬼畜エロも含めて今後の展開に期待。