ありすとBOBO2 ―下町決戦兵器マスラオ―

[著者:川崎康宏/イラスト:千葉サドルソフトバンククリエイティブ GA文庫]★★

 現在の日本経済産業の実体をかなり現実的に盛り
込んでいる為か、その辺に関連した描写もやたらと
現実味溢れるものに感じられて“ぞくぞくっ”とさ
せられてしまった。実際現実にあったら色々取り返
しが付かなくなりそうなとこで「ああ、物語の中で
良かった……」とかね。まあ物語の中だからこそ、
『純日本製決戦兵器VS米国特殊強化人間』なんてト
チ狂ってるとしか思えない過激な戦闘の数々も、い
ち観客という視点で目一杯楽しめたんだけど。
 そして熊は美味しいとこだけ持ってった。……し
かしこの物語、アリスにラブコメさせる気無いな?

既刊感想:Alice
     ありすとBOBO