星灼のイサナトリ

[著者:大樹連司/イラスト:飯沼俊規一迅社 一迅社文庫]★★

星灼のイサナトリ (一迅社文庫)

星灼のイサナトリ (一迅社文庫)

 最初の内はあえて詳細説明取っ払って先へ先へと
進んでいた(ように思えた)からか、世界観を充分
把握するまでにちょっと梃子摺ってしまった。序盤
での洋と弥生の会話の中にあった凪やヒルコについ
てや、洋が塔脱出以前に犯した罪の詳細なんかが明
らかになって、ようやく面白さに乗れたかなと。
 洋の逃亡から捕鯨船カジマヤーとの遭遇に謎の少
女いさなとの出逢い、塔からの刺客との戦い、強大
な白鯨との死闘――などなど、目まぐるしく変化す
る洋の状況に合わせるように、怒涛の如くのイベン
トの連続で非常に面白かった。この続きも楽しみ。