鍵開けキリエと封緘師 モラトリアム・ミッドサマー

[著者:池田朝佳/イラスト:さんば挿富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★★

 シリーズ第2巻。大統領個人の事や『封緘師』と
いう存在について、前巻では不明瞭だった部分が大
分明確に示されていたかな? という手応え。それ
でもキリエの立場からすれば、大統領と彼女の関係
者との会話を直接聞いた所で、まだまだ理解の及ば
ない部分は多そうだけど……。ともあれ、ようやく
大統領の忠告を振り切って踏み込むか、それとも己
の立場をわきまえて身を引くか? を選択するスタ
ートラインに立つ事が出来たんじゃないかな?
 あとはキリエとリュリュの関係がなかなか良い感
じだったので、このまま進展してくれたら嬉しい。

既刊感想:小箱は開くのを待っている