陰陽ノ京 月風譚 弐 雪逢の狼

[著者:渡瀬草一郎アスキー・メディアワークス メディアワークス文庫]★★

 エピローグで白山についての最後に真相が語られ
て、「あぁそうか、そういう事だったのか……」と
溜息が漏れてしまった。白山の想いが報われたシー
ンと、その後に残る余韻が凄く良かったなぁ。
 で、白山に負けを認めさせた光榮の事だけど。実
頼との縁が深くなるに連れて、貴族社会の暗部に踏
み込んで行く羽目になるんだろうか? 妖退治の方
が様になってるけど、保憲と忠行の会話を聞いた限
りでは、そういう流れになりそうな予感もある。

既刊感想:
     月風譚