幕末魔法士II −大坂鬼譚−

[著者:田名部宗司/イラスト:椋本夏夜アスキー・メディアワークス 電撃文庫]★★

 目一杯伏線を張って来た……と言う事は続きを期
待していてもいいのだろうか? 幕末の有名所が結
構絡んでいた(と思う)為か、前より“幕末感”が
色濃く漂っていたかも。その上でしっかり魔法の概
念が根付いているというか、そういう所にこの物語
独自の面白味が感じられて良かったかなぁと。
 ただ、実はまだあまり伊織や冬馬自身の事には深
く踏み込んでないんだよねぇ。今回は長いお話だっ
たけど、他所の問題に巻き込まれたような具合で。
なので次はもっと二人の内情に触れて欲しい所。

既刊感想: