丘ルトロジック 沈丁花桜のカンタータ

[著者:耳目口司/イラスト:まごまご/角川書店 角川スニーカー文庫]★★

 第15回スニーカー大賞『優秀賞』受賞作。
 彼らの存在自体がオカルト? なんて風に思って
たけど。彼らの考え方を“オカルト”と捉えている
――というあとがきでの著者解説っぽい辺りで凄く
納得させられたかも。あと『普通』って言葉の意味
は一体何だろう? とかね、本編読んだ後に興味深
く考えさせられたりも。あんまり意識して使った事
は無いけど、案外曖昧で的を射てないぼやけた表現
のような気もして来た“普通”……考え過ぎかな。