ブラック・ブレット 神を目指した者たち

[著者:神崎紫電/イラスト:鵜飼沙樹アスキー・メディアワークス 電撃文庫]★★★

 キャラも設定も好きだし、物語も丁寧に練られて
いて組み立て方も巧いなぁ。途中まで全然分かんな
かった疑問点の数々が、最後で一気に氷解した辺り
は特に読んでいて面白かった。そういう余韻みたい
な部分が一番良かったかな。ゾディアックと触媒の
事、菊之丞との確執、夏世と「呪われた子供たち」
の事、延珠の診断……まだまだ気になる事が多くて
この先も楽しみ。何処を取っても報われない展開へ
直行しそうな雰囲気だけど、どうなるかなぁ?