ソードアート・オンライン7 マザーズ・ロザリオ

[著者:川原礫/イラスト:abec/アスキー・メディアワークス 電撃文庫]★★★

 アスナ主役エピソード。生死の境に存在する登場
人物を生かすべきか? 死なせるべきか? もし死
に至った時、その登場人物の死は物語の中で必然だ
ったか? そこまで考えて読んでなかったですが、
著者のあとがきを読んで考えさせられました。
 終盤のあっという間に過ぎ去る日々が、ユウキの
精一杯生きている輝きを象徴しているようで、そこ
が特に印象的でした。その先の事にも納得出来たの
で、ユウキについては充分に必要性のあるものだっ
たと思います。アスナも久々に目立った活躍の場も
あったし、彼女の家庭環境を見れたのも良かった。

既刊感想: