魔法学園(マギスシューレ)の天匙使い

[著者:小泊フユキ/イラスト:如月瑞/このライトノベルがすごい!文庫]★★

魔法学園(マギスシューレ)の天匙使い (このライトノベルがすごい! 文庫)

魔法学園(マギスシューレ)の天匙使い (このライトノベルがすごい! 文庫)

 第4回このライトノベルがすごい!大賞『優秀賞
&栗山千明賞』受賞作。
 『スプーン天匙』という奇妙で物珍しい魔法の流
派を広める為に、あの手この手でアピールしようと
頑張ってる伝達者の主人公のブルン君。前半は『ス
プーン天匙』を認知して貰うより、自分の学内第六
位の地位をアピールする方に力を入れていて、その
迷走っぷりがちょっとやばかったです。上位陣に勝
つ為に安易に力を得ようとする辺りとかね……。
 なので色々「大丈夫かな?」と思ったのですが、
『スプーン天匙』の真髄をブルンが思い出してから
後は、なかなか熱い展開で良かったです。「大切な
事忘れてんなよっ!」と言いたくなりましたけど。
 ブルンの能力自体が超○○特化型なので、活躍さ
せるには使い所が難しいかも知れませんが、続きが
あれば今度は事件の中心に立たせて欲しいですね。

宝島社様より献本頂きました。有難う御座いました。