問題児たちが異世界から来るそうですよ? そう……巨龍召喚

[著者:竜ノ湖太郎/イラスト:天之有角川スニーカー文庫]★★

 シリーズ第3巻。元々はコミュニティの農園施設
拡大の為に、招待を受けたアンダーウッド収穫祭へ
繰り出そう、というお話でした。が、何時の間にや
ら十六夜が元々住んでた世界の過去エピソードがメ
インになってましたね。殆ど語られずに伏せられて
いた事もあって、なかなか興味深い内容でした。
 幼少時代から箱庭に飛ばされた今まで、十六夜は
やってる事が全然変わらないですね。向こうで本当
の本気の全力全開を発揮出来なかった事が、色々不
満やら鬱憤が溜まる要因になっていたのかな、と思
わされました。生まれる世界を間違えたと言う感じ
でしょうかねぇ。そういう経緯を知ると、元の世界
に微塵の未練も無く、箱庭へ飛ばされた直後にあっ
さり順応してしまったのも妙に納得出来ました。
 十六夜の生き方に多大な影響を与えた金糸雀の存
在については、特にレティシアが終盤で非常に気に
なる事を述べてましたね。元の世界と箱庭は何か繋
がりがあったり影響し合ったりしてるのかどうか。
それと魔王に拉致された同胞達はどうなっているの
か? 謎が深まる一方で更にギフトゲームを仕掛け
られて、混乱必至の続きでは一体どうなるのか。

既刊感想: