読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ストライク・ザ・ブラッド4 蒼き魔女の迷宮

読書感想

[著者:三雲岳斗/イラスト:マニャ子/電撃文庫]★★

 魔族特区『絃神島』の恒例行事、秋の大祭典『波
朧院フェスタ』。また古城と縁のある女か! とい
つもの如く新キャラ登場で周囲の女の子達はやきも
きが止まらない。いつもの様に和気藹々と祭典前の
準備で盛り上がってましたが、今回は空間を捻じ曲
げる術を得意とする『魔女』の襲来で、これまた毎
度の如く第四真祖の古城が痛い目を見る展開です。
 いつもと違ってたのは、今巻だけでは事が済まな
かった所でしょうか。終わり間近でどうやって纏め
るのかなと思っていたのですが、ラストで衝撃的な
事態が待ち受けてました。これまであまり知り得な
かった、南宮那月という人の本質を少しは理解出来
たかな、と思っていた矢先の惨劇。波朧院フェスタ
はまだこれからが本番らしいですし、古城が慟哭す
る程に那月の状態は深刻なものではないのかも……
とか割と楽観視してるのですが、どうでしょうね。
 とは言え、那月が守護していた『監獄結界』は絃
神島に顕現してしまい、そこから何が出てくるのか
と考えると……次は更に戦いが激化しそうですね。

既刊感想: