空戦魔導士候補生の教官1

[著者:諸星悠/イラスト:甘味みきひろ/富士見ファンタジア文庫]★★

空戦魔導士候補生の教官1 (富士見ファンタジア文庫)

空戦魔導士候補生の教官1 (富士見ファンタジア文庫)

 第24回後期ファンタジア大賞『金賞』受賞作。  正体不明の異形『魔甲蟲』の脅威によって地上世 界で生きる術を奪われ、大地を天空に浮上させる技 術用いて辛くも滅亡の危機を逃れる人類達。そんな 浮遊都市で、対魔甲蟲殲滅の為に生み出されたのが 空戦魔導士と呼ばれる戦士達。これはとある空戦魔 導士のエキスパートが、空戦魔導士のおちこぼれ候 補生達を一人前に育て上げてゆく物語です。  教官である主人公的立場から見たら、美少女育成 シミュレーションっぽい印象でしょうかねぇ。三人 の生徒は皆どうしようもない問題児ですが、手の掛 かる子ほど可愛くて面倒見たくなる心境でした。  連戦連敗中の校内のランキング戦で初勝利を上げ てやろう! みたいな展開でしたが、途中から大量 の魔甲蟲と戦う流れに切り替わっちゃいました。低 ランク生にしては少々出来過ぎかな? とも思いま したが、そこは三人の性能の高さと、教官としての カナタの有能さがあったからこそでしょうね。  ちょっと気になったカナタの身体に起こった異変 については、詳細まで語られなかったので、その辺 りの事は続きで描かれるのを楽しみにしています。