読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕と彼女のゲーム戦争4

[著者:師走トオル/イラスト:八宝備仁電撃文庫]★★

 前巻で対戦した駿河坂学園電子遊戯研究部からの
挑戦状がメールで叩き付けられ、当然ながら我らが
伊豆野宮現代遊戯部が受ける形で今回のお話が始ま
ります。取り扱われるジャンルは『格闘ゲーム』略
して格ゲー。ゲーム大会での競技タイトルは『スー
パーストリートファイターIV アーケードエディシ
ョン』略して『スパIV AE』。作中で描かれてい
るゲームもこのタイトルのみで、複数扱われていた
これまでとは一線を画した内容になっています。
 これほど見聞きするのと実際プレイするのとで印
象に差が出るジャンルも他にないかと、個人的には
思ったりしてました。技量と経験が強さに直結する
事実が強い説得力で描かれており、岸嶺がこれまで
以上に慣れるのまでに相当苦戦していましたね。
 しかし格ゲーは奥が深すぎます。書かれている通
りになんてとても出来る気がしません。ゲーセンの
格ゲーコーナーなんて初心者お断りの空気ばりばり
ですし。それを考えると、上達する為になりふり構
わず知識を吸収し経験を重ねようとする初心者の岸
嶺って、凄い奴かもなぁなんて思わされました。

既刊感想: