アクセル・ワールド6 浄火の神子

[著者:川原礫/イラスト:HIMA/電撃文庫]★★

 各カラーの最高権力者、レベル9の《王》達によ
って開かれる『七王会議』にて、ハルユキはこう宣
告されました。「お前に憑依しているその物騒な代
物一週間以内に完全浄化してね。出来なかったらお
前の存在確実に抹消するから」。そんな具合で、ハ
ルユキ所属の軍団『ネガ・ネビュラス』の今回の目
的は唯一つ。ハルユキのデュエルアバター『シルバ
ー・クロウ』に憑依してしまった、災禍の鎧『クロ
ム・ディザスター』を一週間で完全浄化する事。
 達成すべき目的はひとつだけですが、その過程で
結構色々なものが新しく出て来ました。七王の存在
とか、進入不可能な『帝城』(現実世界の皇居に当
たる場所)の存在とか、その帝城の四門を守護する
四神の存在とか、先代ネガ・ネビュラスメンバーの
事とか、ゲーム内でばら撒かれている心意システム
練習キット『ISSキット』の危険性についてとか、
新要素や新事実がてんこもりな内容でしたね。
 進展具合は結構ゆっくり。今回は浄化の鍵となる
四埜宮謡との触れ合いがメインでしたが、次で浄化
完了まで一気に行けるでしょうか。ラストで予想外
の事態に陥ったハルユキと謡の動向も気になります。

既刊感想: