猫耳天使と恋するリンゴ

[著者:花間燈/イラスト:榎本ひな/MF文庫J]★

猫耳天使と恋するリンゴ (MF文庫J)

猫耳天使と恋するリンゴ (MF文庫J)

 第9回MF文庫Jライトノベル新人賞『佳作』受賞作。
 願いを叶える天使の林檎。天使の少女が誤って真
っ二つに割った挙句、人間界に落っことしてしまっ
た林檎。その片割れを食べてしまった主人公のイツ
キ。そしてもう半分を食べてしまった幼馴染みの雪
姫。割れた林檎をひとつに戻して回収すべく、名無
しの天使の少女(イツキがミントと命名)が林檎の
実を宿した二人の恋愛模様に絡んでゆくお話です。
 雪姫の願いを叶えなければ、彼女から熟した林檎
を収穫する事が出来ない。そんな条件下で、イツキ
に好きになって欲しい気持ちが関係しているらしい
と分かったならば、イツキがやることは好きになっ
て貰う為の行動あるのみ。そんな訳で、とにかくイ
ツキと雪姫は甘ったるくいちゃいちゃべたべたしま
くりやがってます。林檎のせいで恋愛感情を抱けな
いイツキが、割と動じずに淡々と雪姫の好意を受け
入れてたので、胃もたれする程の甘ったるさではあ
りませんでしたが。二人の甘々な世界にずっぽり浸
ってた割には、案外さらっと爽やかな印象でした。
 終盤の物語の畳み方は、少々駆け足気味ながら伏
線の回収が巧いと思いました。ただ、個人的にはこ
のまま締めて綺麗に完結の方が良かったかなと。続
刊出来そうな感じですが、どうなるでしょうね。