ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンII

[著者:宇野朴人/イラスト:さんば挿電撃文庫]★★★

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (2) (電撃文庫)

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (2) (電撃文庫)

 帝国北域への遠征。最初はイクタ達に現場での実
戦経験を積ませるのが目的でしたが、北方民族シナ
ーク族の侵攻が切っ掛けで北域鎮台との戦争が勃発
し、その戦いの最中に身を投じる事となります。
 帝国内の反乱分子鎮圧のような戦いは表向きの見
え方で、裏ではシナーク族に肩入れしたくなる程の
北域軍上層の薄汚さと無能な愚かさが際立ってた感
じです。殆どが司令長官サフィーダ中将の事を指し
てるのですが、その中での最たる罪であるシナーク
族の精霊捕獲・監禁の実態をイクタが目の当たりに
した時は、もしかしたら彼はシナーク族が優位に立
てるように動くのでは? と思ったりもしました。
 実際にはそこまで大胆に考えを巡らせる余裕も無
い程、過酷で凄惨な戦いの連続でした。開戦前に準
備期間がもっとあって、シナーク族と帝国北域の現
状をイクタが掴んでいたら、もしかしたら味方も敵
も大量の犠牲者を出さずに済んだかも知れません。
 そこまでの期待をどうしてもイクタに抱いてしま
うんですよね。ただ、最後の状況は、さすがのイク
タでも絶望する程これまで以上に厳しいものがあり
ます。この劣勢な戦況を覆す事が出来るでしょうか。

既刊感想: