読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

[著者:大森藤ノ/イラスト:ヤスダスズヒトGA文庫]★★

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)

 第4回GA文庫大賞『大賞』受賞作。
 「何故ダンジョンに潜るのか?」→「そこにダン
ジョンがあるからだ」となる所が、最初から「女の
子との運命の出逢いを求める為です!」となってい
る新米冒険者少年ベル・クラネルの成長物語。
 冒険者志望の動機自体が不純な印象ですけど、ベ
ル自身に軟派なイメージは微塵もありません。頼り
無くて脆弱ながら一生懸命で頑張り屋さん、な感じ
でしょうか。ベルと関わる相手を見るに、母性本能
を擽るタイプなのかも知れません。神様達にも好印
象ですし。本人は意識してないでしょうけどね。
 初っ端から『剣姫』と呼ばれる超一流冒険者、ア
イズ・ヴァレンシュタインと運命の出逢いを果たし
ちゃったベル君。彼女への一途な想いがレベルアッ
プに直結するシステムはなかなか面白いですね。こ
の特殊スキルでベルがどこまで強くなるのかは見物
ですが、アイズへの想いが持続するかどうかもちょ
っと気になります。今はまともに会えず憧れだけで
燃え上がってる様子ですが、ずっとそのままの気持
ちでいられるかどうか。まだアイズ自身についても
深く語られてないですからねぇ。ベルがもう一度ア
イズとまともに対面した時、どんな反応を見せるの
でしょうか。今回は擦れ違い程度でそんな機会も無
かったので、次は何か進展があれば良いですね。