俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している3

[著者:春日部タケル/イラスト:ユキヲ角川スニーカー文庫]★★

 表ランキング5との対抗試合に勝利した『お断り
5』に、副賞としてウォータアミューズメントパー
ク『アクア・ギャラクシー』の入場チケットが授与
されました。そんな具合で今巻は“水着回”です。
 とは言え奏が『絶対選択肢』に悩まされるのは相
変わらず、その上自由人過ぎる女子達の監視役で振
り回される羽目に。この様子を見てたら、奏の役得
なんてあって無いようなものだなと思いました。
 クリア出来なければ奏の人生即破滅、な理不尽ミ
ッションが今回も発動。『アクア・ギャラクシー内
で遊王子謳歌の泣き顔を写真に撮れ』です。一見簡
単そうで、滅多に泣かないと自分で言ってる謳歌だ
からこその難題。ただ、終盤でチャンスは結構あっ
たんですけど、奏の人の良さがクリアを邪魔してし
まいます。確か前回のふらのの時もそうでした。
 そういう奏の性質も、実は正体不明のミッション
発動者に見透かされてるんじゃないでしょうかね。
選択肢もそうですが、奏が恥かいて精神的に参るだ
けで、ぎりぎりの所で逃げ道が意図的に用意されて
る感じがします。生徒会長・黒白院清羅は限りなく
黒に近いグレーながら、はぐらかしてばっかりでよ
く分からない。奏の呪いに深く関係してるのは明白
ですが、何時になったらハッキリするでしょうね。

既刊感想: