読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶深海のソラリス

読書感想

[著者:らきるち/イラスト:あさぎり/MF文庫J]★★★

絶深海のソラリス (MF文庫J)

絶深海のソラリス (MF文庫J)

 絶望率100%。本格パニックノベル。帯やあら
すじからの抜粋ですが、中盤までは本当にそんなも
のは微塵も感じられなくて、若き青年教官と可憐な
訓練生達との清涼感溢れるコミュニケーションと成
長の物語でした。でも、中盤以降でその意味を嫌と
言う程見せ付けられました。たった一箇所の選択ミ
スでバッドエンディング直行。そんな感じでした。
 それにしても切り捨てっぷりが半端なくて容赦な
い。浸る間もなくあっさりと次々に……だったので、
絶望感も後味の悪さもあまり抱けませんでした。た
だ、前半で訓練を通してミナトとのコミュニケーシ
ョンがじっくり描かれていた分だけ、喪失感は物凄
かったです。言い方悪くなっちゃいますが、アイシ
ュ先輩に「なに今頃呑気に出て来てんの?」と憤り
をぶつけたい衝動に駆られたりもしました(勿論彼
女のせいではないし、ミナトのせいでもない)。
 深海生物自体の謎と、それらの恐怖を解き放った
者達の謎は残されたので、どうも続く見込みがあり
そうです。もしも脅威に立ち向かうとして、絶望を
経験したミナトは立ち直り前へ進めるでしょうか?