読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

盟約のリヴァイアサン

読書感想

[著者:丈月城/イラスト:仁村有志/MF文庫J]★★

盟約のリヴァイアサン (MF文庫J)

盟約のリヴァイアサン (MF文庫J)

 人間と竜が共存する世界。人間の生活を脅かす竜
に立ち向かう“魔女”適性のある少女達と、『リヴ
ァイアサン』と呼ばれる魔獣型人工生命体と、その
双方の契約を結ぶ儀式を執り行う仲介役の主人公・
春賀晴臣と、知能を持った竜達との戦いの物語。
 力関係は圧倒的に(魔女以外の)大多数の人間達
より竜の方が上ですが、完全な支配と隷属の関係と
言うわけでもなさそうなんですよね。お互いに活動
する領域があって、人間側は竜達に干渉する事を避
けていて、一方で竜側はやりたい時にやりたい事を
やりたい様にやっている印象です。その際に人間に
危害が及びそうならば、魔女とリヴァイアサンで迎
え撃つような感じでしょうかね。ただ、上位種ドラ
ゴンにも色々とありそうなので、今回のソスみたい
な好戦的なものばかりじゃないかも知れません。
 とは言え、敵対関係でないと魔女であるアーシャ
と織姫とリヴァイアサンの成長や活躍も見込めない
ので、やっぱり基本戦う事になるんでしょうね。
 晴臣が火之迦具土から受けた力は、魔女とリヴァ
イアサンの能力増幅の為のもの? そんな風に見え
ましたが、こちらはまだまだ謎が多いですね。