星刻の竜騎士III

[著者:瑞智士記/イラスト:〆鯖コハダ/MF文庫J]★★

星刻の竜騎士(3) (MF文庫J)

星刻の竜騎士(3) (MF文庫J)

 まだアッシュと顔合わせをしていなかった生徒会
役委員のうちの一人、書記のルッカ・サーリネン登
場。掴み所のないふわふわとした印象なのは、感情
表現が乏しいせいでしょうか。その性格が原因でパ
ルである竜・ガウェインと意思疎通が途切れてしま
い、竜騎士なのに竜に乗れない状態のルッカの助力
になろうとする所から今回のお話は始まります。
 初登場で表紙飾ってメインイベントがあるって破
格の待遇です。ただ、ルッカ自身の問題の克服より
も、これまで敷いて来た伏線が徐々に回収されつつ
ある所が気になったかなという感じでした。特にエ
ーコの件は近々謎が明かされそうな雰囲気です。
 あとはミルガウスの事。竜殺しで処刑された筈の
ジュリアス王子と瓜二つなのは初耳だったので驚き
ました。名前だけは何度も“竜殺し”と強調されて
挙がってたので、何かあるとは思ってましたが。こ
の件のほかに、ミルガウスの口振りからはエーコと
も何か浅からぬ因縁がありそう。アッシュを巻き込
みつつ、話が大きく動きそうな予感がしますね。

既刊感想:II