瑠璃色にボケた日常4

[著者:伊達康/イラスト:えれっとMF文庫J]★★★

 霊能者特有の病気に罹ってしまった瑠璃が、なん
と普通の女子高生っぽくなっちゃいました。更に霊
力低下で普段の能力も失い、霊導にもお笑いにも全
く興味を示さなくなっちゃいました。瑠璃があまり
にもの凄くふつーな女の子やってました。「これは
ギャップ萌えってやつか?」とか思ったりしました
が、孝巳と翠と柘榴が全然しっくり来なくて困惑す
るばかりだったので、あまりギャップ萌えな感じで
はなかったです。いつもと違い過ぎる瑠璃の話し方
や仕草はとっても可愛らしかったですけどね。
 孝巳と瑠璃が互いに良いコンビだと再認識し合っ
た所で、うまく纏めた感じでしょうかね。これが最
終巻だとは思ってませんでした。霊能者としての孝
巳の成長が見れなくなるのが特に残念です。この物
語はあまり孝巳と女子三人の恋愛話を描いて来なか
ったので、そちらももっと見てみたかったですね。

既刊感想: