読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクセル・ワールド9 七千年の祈り

読書感想

[著者:川原礫/イラスト:HIMA/電撃文庫]★★★

アクセル・ワールド〈9〉七千年の祈り (電撃文庫)

アクセル・ワールド〈9〉七千年の祈り (電撃文庫)

 シルバー・クロウに憑依していた災禍の鎧『クロ
ム・ディザスター』の浄化が完了しました。何度も
災禍の鎧の憎悪に同調し身を委ねそうになったハル
ユキでしたが、ぎりぎりの所で踏み止まりました。
 それどころか、乗っ取られるかどうかの瀬戸際で、
ハルユキと災禍の鎧の意思との間に奇妙な共存関係
まで出来上がってましたね。歴代の災禍の鎧所持者
が、自らの意思もろとも乗っ取られた事を考えると、
結構奇跡に近い事だったんじゃないでしょうかね。
 この時の関係、ハルユキの状況に危険を感じつつ
も意外と嫌いじゃないなと思ったりもしました。有
り得ない事ですが、もし災禍の鎧の意思がハルユキ
の意思と同じ方向にあったならば、良いパートナー
になっていたんじゃないだろうか? そんな気持ち
も抱かされました。なので、浄化を終えた『ザ・デ
ィスティニー』は、ハルユキが所持するに最も相応
しいと思ってました。でも、そうはせず本来の所持
者の元へ返すとは、なかなか粋な計らいでしたね。

既刊感想: