読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モーテ ―水葬の少女―

[著者:縹けいか/イラスト:カズキヨネMF文庫J]★★★

 自ら望んで自殺衝動に駆られてしまい、十代の内
に必ず自殺で死を遂げてしまう『モーテ』と呼ばれ
る奇病に翻弄される人達の物語。最初は「ぼく」の
視点で描かれ、途中から登場人物が入れ替わり「私」
視点で描かれているる所が最も注目すべき点です。
 要は同じひとつの大きな出来事を、二つの違う視
点から追い続け、両方を見終えた時点で全ての真実
が解き明かされるという仕組みなんですね。片側だ
け追っていては、決して知る事の出来ない構成の妙
が巧く効いていて、凄く面白いなあと思いました。
 不気味で重苦しい空気が強く、実際に彼の側に立
つと理不尽で胸糞悪い展開続きですけど、一方で眩
いほどの『純愛』にも満ち溢れています。“モーテ
の奇跡”は少々都合良いかなとも感じましたが、そ
うじゃないとさすがに遣り切れず救われなさ過ぎで
すからね。黒幕を逃したせいかもやもやは残ったも
のの、絶望を越えて想いが報われて良かったです。
 『モーテ』という設定は続けて盛り込む事が出来
そうなので、違うお話もあるかも知れませんね。