たまらん! メチャクチャな青春ラブコメに巻き込まれたけど、生まれてきてよかった。

[著者:比嘉智康/イラスト:本庄マサト/MF文庫J]★★★

 少数の友人知人の間に、凄まじく複雑な恋愛多角
関係が形成されるという奇跡のような展開。しかも
全員が一方通行の片思い。一挙に恋愛相談を引き受
けてしまう主人公の“たまらん”こと玉木走太にと
っては、悲劇のような喜劇のような、でも生きてい
る事への素晴らしさと充実感を噛み締めるような、
そんな感じでしょうか? 大分難儀な役割ですね。
 走太の友達の志村、庵藤、靜香はイイ奴らばかり
だし、嬉々も事情を知ったら応援したくなったし、
勿論走太にも自分の恋を諦めず頑張って欲しいし、
どうしても全員成就しないのが何とももどかしい。
 物語の雰囲気的にあんまりドロドロ重くなって欲
しくない気持ちです。特に4人組はこんな仲良しな
のに修羅場なんて見たくない! 靜香以外の3人に
関しては、今の所一番複雑に絡んでいそうないろり
ちゃんの動向が大きく影響しそうな気もしますね。