モーテ ―夢の狭間で泣く天使―

[著者:縹けいか/イラスト:カズキヨネMF文庫J]★★★

 シリーズ第3巻。前巻の続きです。励ますとか希
望を与えるとかの意で「死ぬな!」「生きろ!」っ
て呼び掛けたとして、果たしてそれが良い方向に働
くかどうか。アミヤを見て、ダンテを見て、双方の
想いを確かめつつ、深く深く考えさせられました。
 結局、巡り巡って「モーテって何だろう?」に立
ち返ってしまうんですね。どうしようもない歯痒さ
とか憤りとか、整理の付かない感情がごちゃまぜに
なって、奇跡に縋るしかない。そんな状態のダンテ
がどんな決断を下すか、最後の最後まで目が離せま
せんでした。幾ら好きな人の望み通りにしてあげた
いと思っても、出来る事ではない。酷く遣り切れな
い気持ちですが、報われたんだと思いたいです。

既刊感想: