読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワールド・ティーチャー 異世界式教育エージェント1

読書感想

[著者:ネコ光一/イラスト:Nardack/オーバーラップ文庫]★★★

ワールド・ティーチャー 異世界式教育エージェント 1 (オーバーラップ文庫)

ワールド・ティーチャー 異世界式教育エージェント 1 (オーバーラップ文庫)

 読んでいて何度も見落とし忘れてしまいます。転
生前の主人公が実は60歳過ぎのおっさんだったと
言う事を。ただ、ふとそれに改めて気付く度に転生
後の姿=シリウス見てみると、年齢相応の“らしさ”
みたいなものが、確かに表れているんですよね。
 若年の内ではこうは行かない。人生経験豊富で酸
いも甘いも知り尽くしている熟年の凄味のようなも
のが、随所に盛り込まれている。その見た目は年端
も行かない子供というギャップが面白い所です。
 冒頭のシーンはまだまだ先の話でしょうか。そこ
へ辿り着くまでの道の途中、エリナの件は分かって
いても堪え切れませんでした。でも、皆が充分受け
入れての別離だったので良かったなと思えました。