帰宅戦争 帰りたいんだけど戦争起こしてもいい?

[著者:鬼火あられ/イラスト:ちり/富士見ファンタジア文庫]★

 第28回ファンタジア大賞『銀賞』受賞作。
 テンポは良くても平坦でした。テンポを著しく損
なってでもでこぼこした方が好みでした。無茶出来
るかどうかは物語の内容にもよるでしょうけど、も
っと帰宅同好会側に手段を問わず引っ掻き回して欲
しかった。相当の無茶は出来たような気がします。
 終盤の最終決戦では結構危険な行為も冒してまし
たけど。粉塵爆破とか。でも、最後まであんまり気
持ちが高揚しなかったり熱が篭らなかったのは何故
でしょうね。司令塔の太郎がテンション低めのキャ
ラだったからなのか。負けても負けても淡々として
いたからなのか。過去の経験から察するに、元々は
体育会の熱血野郎だったんじゃないかと思うのです
が。その辺の話も更に詳しく聞いてみたかった。