無法の弁護人 法廷のペテン師

[著者:師走トオル/イラスト:toi8/ノベルゼロ]★★★

 裁判小説。弁護士側のお話です。ひとつ山を越え
たら更に面倒臭い山が立ちはだかり、どうやっても
被告人有罪判決が明白な状況下で、如何にして逆転
無罪を勝ち取る事が出来るか? 二転三転する展開
で、最後まで真犯人を絞り込ませず興味を引き続け
てくれる。一気に読み切ってしまう面白さでした。
 最後の決め手となったアレは、阿武隈のやり口な
らそうじゃないかと。その事についてはきっと本多
と相容れないだろうと。そんな風に思ってました。
 依頼人の冤罪を晴らす為に、どこまで手段を選ば
ず踏み込めるか。本多は無実と確信した依頼人をと
ことんまで信じ抜くタイプのようで、案外阿武隈以
上に躊躇なくやってしまえるのかも知れません。