呪術法律家 ミカヤ

[著者:大桑康博/イラスト:テルミンダッシュエックス文庫]★★★

呪術法律家ミカヤ (ダッシュエックス文庫)

呪術法律家ミカヤ (ダッシュエックス文庫)

 第2回集英社ライトノベル新人賞『特別賞』受賞作。

 精霊呪術とかいう超常現象にかかれば、密室殺人
でも何でもありです。そんな呪術犯罪を裁く為に用
意された精霊呪術の法律、丁寧に練り込まれていて
良かったです。設定された対精霊呪術専門の知識を
用いて、定められた法の道を上手く味方につけて、
更には依頼人の無実を信じ抜いて、真相まで走り抜
けたミカヤの手腕は見事。特に終盤での畳み掛ける
ような彼女の弁論はとても心地の良いものでした。
 意外だったのが、もうひとつの冤罪事件まで解決
に導いた事。それぞれの思惑が複雑に絡み合ってた
ので、解決はもっと先になるかと思ってました。問
題全部解決でスッキリでしたが、ここから法廷モノ
で続くとしたらどんな展開になるんでしょうね。