カフェ・ド・ブラッド 魔夜中の眠らない血会

[著者:水城水城/イラスト:生煮え/ファミ通文庫]★★

 吸血鬼に対して持っているイメージからすると、
霧江のように欲望の赴くまま人間の血を“奪う”事
の方が、ごく自然で真っ当に映ります。それが吸血
鬼種族としての本能や在り方なのではないかと。
 要は異端に見えるわけですね。吸血鬼専門の血を
提供するカフェと言うのは。理性で吸血衝動を抑え
られるかどうかは正直疑問が残ります。対処法とし
て有効かも知れないけれど、結局種族の本能には抗
えないんじゃないだろうか? アナスタシアのやっ
ている事は一時しのぎに過ぎないんじゃないか?
 人間の犠牲者が出ている所を見ると、つい批判的
になってしまいます。が、ともすれば甘い言葉に聞
こえてしまうアナスタシアの思想は大好きです。