最強喰いの(ジャイアントキリング)ダークヒーロー

[著者:望公太/イラスト:へいろーGA文庫]★★★

 物語の最中に、双士郎の生い立ちや過去を檸檬子
がリザに語って聞かせるシーンがありました。これ
が本当か嘘か最後まで計りかねてしまいまして。
 これ程の腐れ外道だったら、リザを懐柔する為に
何でも無い顔して騙してしまうのも有り得るんじゃ
ないか、と。もしここの一線を踏み越えていたら、
双士郎の存在自体を受け入れる事が多分出来なかっ
たと思います。完璧に徹すると言う意味では、徹し
ているようで意外に甘さもあり、付け入られる隙が
生まれるかも知れません。まあ双士郎ならそれさえ
も逆手に取って自分優位に相手を翻弄してしまうだ
ろうな、と言う妙な頼もしさもありますけど。そこ
に彼に対する好感を見出せたのも確かな事です。