一條明日菜の地球連合

[著者:至道流星/イラスト:さくらねこ/ファミ通文庫]★★

 あくまでこれはフィクションなんだから落ち着い
て捉えよう、と割り切る事が出来たなら気楽に乗り
切れたんでしょうけどね。そうは行かないから、身
体がムズムズしたり心がザワザワしたりでした。
 明日菜の思想や突っ走ってやろうとしている事、
実際に行動に移す怖いもの知らずな度胸など、面白
いなと思いました。選挙演説を利用してまでの主張
も凄く良く分かる。ただ、それを受け入れる気持ち
になれるかはまた別問題で。見ているだけならいい、
でも賛同は絶対したくない。そんな感じですかね。
 撮影用機材と場所が確保出来れば、学校の部活動
である必要は無い。と、思いましたが。騒動起こし
てまでそこに拘る理由は結局見出せませんでした。