ワールド・ティーチャー 異世界式教育エージェント4

[著者:ネコ光一/イラスト:Nardack/オーバーラップ文庫]★★

ワールド・ティーチャー 異世界式教育エージェント 4 (オーバーラップ文庫)

ワールド・ティーチャー 異世界式教育エージェント 4 (オーバーラップ文庫)

 学園編のシリウスは学生の立場だったので、レウ
スとエミリアを育てていた頃と比較して“ティーチ
ャー”な印象はそれ程でもなかったんです。リース
に教えた時位で、あとは師弟関係であっても先生役
より頼もしく力強い護衛役って感じでしたかね。
 それが卒業間際になって、シリウスの“先生感”
を凄い勢いで再プッシュしてたなあ、と言う印象の
今回でした。シリウスが先生役を求めてるのは転生
してから今まで変わっていなくて、卒業を迎えて制
限されていた行動範囲の制約が解かれ、ようやく本
格的にそこを目指して行く事になるのでしょうか。
 学校生活を経て既に成熟した感があります。次は
どんな展開になるのか見通せない分楽しみですね。

既刊感想: