神様の御用人

[著者:浅葉なつ/イラスト:くろのくろ/メディアワークス文庫]★★★

 神社。自分の中の位置付けだと、何となく足を運
ぶもの、気が向いたら何かのついでに立ち寄ってみ
るだけのもの、です。年始と年1、2回程度のお祭
り、他に理由が思い当たらない。それも子供の頃の
お話で、大人になって積極的に「よし、神社へ行こ
う」な気分になった事は無いんじゃないかなと。
 そんな無関心で縁遠い人間でも、きっと興味を持
つ事になるだろうと思います。実際持ちました。知
らなかった神社に携わる仕事も興味深いものでした
が、何より見えない神様達が物凄く身近に感じられ
てしますんですよね。人間から見て、人間じゃない
のに“人間臭い”って言うんでしょうか。足を運べ
ば会いに行った気分に浸れる……かも知れません。