彼方なる君の笑顔は鏡の向こう

[著者:持崎湯葉/イラスト:sekiyu。/講談社ラノベ文庫]★★

彼方なる君の笑顔は鏡の向こう (講談社ラノベ文庫)

彼方なる君の笑顔は鏡の向こう (講談社ラノベ文庫)

 読み手側が「こんな風なラストシーンを引っ張っ
て来て欲しい!」と希望やら妄想やらを抱いたとし
て、必ずしも望んだ通りにならない事なんて多々あ
ります。ただ、そうと分かっていても、どうしても
この結末だけは受け入れる事が出来ませんでした。
 元の彼方の人格も、詩歌の告げられなかった想い
も把握していたし、三分裂した人格もそれぞれ掘り
下げが効果的で印象に残っています。個々の主張が
彼方本体よりも強過ぎると感じていた部分は、この
結末を想定してのものだったのかも知れません。
 でも、やっぱりこうならない方に行って欲しかっ
たんですよ。彼方自身が選んで、それを詩歌が納得
して受け入れたんだからもう仕方ありませんね。