創神と喪神のマギウス2

[著者:三田誠/イラスト:曽我誠/富士見ファンタジア文庫]★★

 創神使役の年齢限界と言うやつは、予想以上にこ
の物語の大きな鍵となっているようで。確かに一度
その能力に魅せられてしまったら、年齢の枠ごとき
に取り上げられたくない気持ちになるものなのかも
知れないです。今回の蛟の場合は、蒼士郎の創神に
その可能性を見出そうとして、ただ彼の本来の目的
は結局そこには無かったわけですけど。限界の突破
に執着している輩はまだ他にも居そうですよね。
 そんな先への期待も温まった所で「第一部・了」
の文字が! あとがきによると元々予定通りの構成
なのだそうで。この続きはあっても相当先になると
の事。細部まで練り込まれた設定の数々が埋もれる
のは非常に惜しいので、是非続編をお願いします。

既刊感想: