続 この大陸で、フィジカは悪い薬師だった

[著者:鳩見すた/イラスト:アマガイタロー/電撃文庫]★★

 フィジカが害獣を癒し、アッシュがそれを目の当
たりにして『ラズの書』に訂正を加える。前巻の主
な流れでした。今回はその拘りの要素は割と控え目
な主張で、代わりに二人の旅の終着点や着地の仕方
に的を絞る描き方だったかなという印象でした。
 ちょっと躓いたのが、その場では何言ってるのか
良く把握出来なかった部分が幾つかあった所で。フ
ィジカが何故頑なにアッシュを拒絶してるのか、ロ
ッテがどんなネタでフィジカの言いなりになってい
たのか、など。もやもやさせられてしまいました。
 そこを抜ければあとは終盤、怒涛の新事実発覚を
経ての結末はとても心地良い感触でした。ここまで
全く何の未練も無く見送れるのは嬉しい事ですね。

既刊感想: