おはよう、愚か者。おやすみ、ボクの世界

[著者:松村涼哉/イラスト:竹岡美穂電撃文庫]★★

 たったひとつの結末だけじゃ勿体無い、物足りな
い、惜しい……とか読み終わってから思ったりしま
した。「一本長編の小説相手に無茶言うなよ!」っ
て自己ツッコミ入れられる程度には冷静です一応。
 そもそもの切っ掛けは最初も最初、音彦が現場か
ら逃げずに残っていたらどうなっていたか? と思
い浮かべてみたからなんですけど。音彦にしても陽
人にしても、ほんの些細な行動の差異で、もしかし
たら結末に多大な影響を与えたりするんじゃないか
なあと。この物語を元にマルチエンディング形式で
ゲーム化したら面白いんじゃないだろうか、とか何
とか。勝手に想像膨らませて、様々な結末を描いて
みたりしてたのが一番楽しかったかも知れません。