狂気の沙汰もアイ次第

[著者:神田夏生/イラスト:麦春あやみ/電撃文庫]★★

狂気の沙汰もアイ次第 (電撃文庫)

狂気の沙汰もアイ次第 (電撃文庫)

 身体を持たない、健次曰く“大きなシャボン玉”
な外見の地球外生命体を「僕は口説き落とす!」だ
とか、頭のネジが目一杯飛んでる状態でないと到底
浮かびそうに無い発想ですね。死に物狂いで足掻き
果てた挙句に掴まえる事が出来た愚策と言えるもの
でしたが、そこまで辿り着いた健次に対して「お前
すげえな」と賞賛せずにはいられませんでした。
 実際に健次の凄さを真に実感させられたのは、シ
ャボン玉=『マダナイ』の正体を知った時だったで
しょうかね。頭がおかしくなったとしか思えなかっ
た健次の“口説き”が、意味のあるものに変化した
瞬間、ぞわりと気持ちが高揚していました。この感
覚を得られただけでも充分満足させて貰えました。