月とライカと吸血姫

[著者:牧野圭祐/イラスト:かれい/ガガガ文庫]★★★

 技術を共有し合って確実な完成に近付けたら簡単
な話なのになあ、と。情勢を目の当たりにしたら天
地が引っ繰り返っても実現しなさそうな事を望んで
しまったのは、レフとイリナの擽ったい関係性にぐ
いぐい惹き込まれて行ったからなのでしょうかね。
 最後になって史実がベースになっていると知って、
熾烈でえげつない技術競争があったからこそ、この
分野の発展へと繋がって行ったのだろうかと、辿っ
た物語を思い返して感慨深く染み込んで来ました。
 まあ、この辺りの感想はレフとイリナの軌跡とは
横道に逸れた事であって、二人の対しての思いはも
っと分かり易いものなんですけどね。後の事は極力
考えず、ただただ「良かった」。これに尽きます。