境域のアルスマグナ 緋の龍王と恋する蛇女神

[著者:絵戸太郎/イラスト:パルプピロシ/MF文庫J]★★

境域のアルスマグナ 緋の龍王と恋する蛇女神 (MF文庫J)

境域のアルスマグナ 緋の龍王と恋する蛇女神 (MF文庫J)

 第12回MF文庫Jライトノベル新人賞『最優秀賞』受賞作。

 企業同士の潰し合いを拳を交えて行う。異能力者
達の戦いから、企業経営事情へ話が流れるとは思っ
てもみませんでした。人間と人外と異能力バトル多
めでしたが、根幹は魔法技術の利権が絡んだ相容れ
ない同士のお話、という印象だったでしょうか。
 金が絡んだ描写は無かったですけど、要は「お前
が独占して世に広めたらこっちの稼ぎが減るから止
めろ」的な鳴海側の言い分を、怜生にぶつけちゃっ
てるわけですね。きっと怜生自身に魔法技術を使っ
て利益を出そう、なんて考えは微塵もないんでしょ
うけど。他にちょっかい出して来る輩が居るならば、
その辺しっかり考えた上で、拳を振るう以外の対抗
策も講じなければならないのかも知れませんね。