賭博師は祈らない2

[著者:周藤蓮/イラスト:ニリツ/電撃文庫]★★★

賭博師は祈らない(2) (電撃文庫)

賭博師は祈らない(2) (電撃文庫)

 ラザルスの心の底からの「どうでもいい」は、彼
にとってこれ以上ない位“どうでもよくない事”だ
と言うのがよーく分かる内容でした。そうやって声
に出して発している事自体、本当は無関心でいられ
ないと言ってるようなもんですよね。おそらくラザ
ルスにも自覚はあるんでしょうけど。今回はリーラ
と自身の気持ちを放っておかず、ちゃんと彼女と真
剣に向き合ってくれた事、凄く嬉しく思いました。
 あとは序盤での何気ない台詞、『踏める限りの正
当な手段を踏め』が終盤で非常に大きな意味に変化
する展開が堪らなく良かったですね。「ここに掛か
って来るのか!」という感じで。重要なものが掛か
った緊張感溢れる賭博勝負も見応え充分でした。

既刊感想: